2019/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


>>LISTENING NOW

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


ただひとつの空虚な真実に、推理という花を皆がたむける試み。
犬死にを、有意味な死に飾り立てるための、
無機質な事実から目をそむけ、より相応しい「真実」を探す決意。

冒頭のヴァレリイの詩は、そういうことだ。


――――――――――――


 『虚無」へ捧ぐる供物にと
  美酒をすこし 海にながしぬ
  いと少しを


ーーーーーーーーーーーー







スポンサーサイト


comment


オレの工ッ千が必要とされる時代wぱねェww
女もやっぱ欲しい時ってあるモンなんだな・・・
この前ガンバりすぎて失ネ申させちったから、今回は控えめにいこうww
http://fec9xbl.gim.uerock.net/


なんだか引きつったような声出し続けてたよ、ホント。
全身の全ての力を吸い取られて行くような感じだったなぁ。
あの糸帝まりは完璧だったね。僕の見解からして。
http://887l0p7.irap.rameee.com/










trackback