2019/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


>>LISTENING NOW

スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


(2009-09-16)
コメント:観客が見出して安心したい、正義とか善とかいう「絶対的価値」の勝利。グラン・トリノという車は、その観客の欲望をこそ、象徴しているのだ!


家族愛、国家、民族への誇り(ナショナリズム)、倫理、道徳、神、生命の尊さ・・・・・・

あらゆる「神話」が疑われ、そして失墜していったのは、きっと第二次世界大戦後だ。


親ってだいじにしなきゃいけないもん?
どうして人を殺しちゃいけないの?
国ってなに?
なんで出来の悪いやつを差別しちゃいけないんだよ。
神様なんていねーよ。
・・・・・・
・・・


いろんな疑問が浮かんで、
でも他人に与えられる答えはいつだって少し納得がいかなくて、
「ほんとに?」「なんか都合よくない?」なんて疑いながら、でもなんとなくみんなと歩調を合わせて生きてきてみた。

よくわかんないけど守んなきゃいけない「法律」、とか
読まなきゃいけない「空気」、とか

自分の外側に左右されながら、でも同調しきれないようななんとなくの「違和感」ってところで外とは区別されて保たれてる危うい「私」っていう存在。



・・・・・・程度に差こそあれ、戦争から遠ざかるにつれ、だんだん、それぞれの存在って価値が失われて感じられるようになって来てると思う。

戦争、っていうのは、もちろん忌むべき歴史ではあるのだろうけれども
戦争を知らない私は、「同じ気持ち・同じ価値観なんてつながりを他人と持ち得ない」ってみんなが思ってるような、みんなばらばらの雰囲気の中に今いて、
「絶対的価値」ってやつを「みんな」と「共有」できた、その戦時中という気分に、憧れみたいな気持ちを抱くことがある。



――――――――――――

『グラン・トリノ』に出てくるおじいさんは、恐らく、戦後から今まで、あらゆる「神話」が崩壊するその様を体験してきた人物なんだと思う。
「頑固」、「偏屈」って言われるけど、頭が固いとか古いっていうよりは、「社会」の風潮に左右されず、自分の価値観に忠実に生きる、リベラルな存在と言える。

ハナから差別してかかってたモン族の人と交流し始めるのは、
ご飯がおいしかったり女の子が可愛かったり意外と男の子にいろいろ教えるのが楽しかったりしたからで、
「差別なんてよくないな」って“改心”したからじゃない。
だってナンパな黒人には差別用語を惜しまないし、黄色人種の文化もイマイチ理解できてない。

だから、

「周囲との交流を通して互いの違いを理解し合い・・・(うんたらかんたら)・・・心温まる・・・(どうたらこうたら)・・・最後には感動の・・・」

ってよく感想とかレビューとして見るんだけど、
わたしには、結果的な「周囲との交流」だって、結局彼自身のリベラリズムの延長(個人的な「いいと思うかんじ」だけの選択)の延長にしか思えない。

違いを理解するんなら、ああいうラストにはならないでしょう?



おじいさんが肯定して受け入れたものと、否定したものと、その線引きってどこにあるんだろう?

きっとおじいさんは、法とか宗教とか道徳とかに関係なく、自分自身の価値観でもってああしたんだと思うんだよね。
「おれ」を貫いたんだと思うんだよ。

だっていくら悪いことしたとは言え、「社会」的には前途ある若者を否定しちゃいかんでしょ

結局おじいさんのしたことって、「リベラリズム」とか「個人主義」とか呼ばれるようなことの範疇なのさ。



なのに観客はこれを観て「共感して泣いちゃう」という、この “気持ち悪さ” 。



それって、
戦後を通して失墜してきたはずの、そして主人公のおじいさん自身が持ち合わせずにいたはずの、
生命の尊さとか正義とか相互理解とか、そういう「絶対的価値」っていう「神話」を、
私たち観客は勝手に彼のすがたに重ねて作り上げてしまっている、ってことだと思うんだよね。


「価値観なんて人それぞれじゃん」とか言って、自由を掲げて、
でも、結局「絶対的価値」を人と共有したい、人とつながってたい、って部分を捨てきれないでいる私たちの矛盾。
『グラン・トリノ』は、そんなものが浮き彫りにされる映画だったな、と、私は思います。


フォード社製、72年型のグラン・トリノは、崩壊した「絶対的価値」、「神話」というものの象徴なのであり。
そしてそれでもなお、映画の中で愛され、乗り継がれるその姿は、
私たちがそのからっぽの「神話」を、まだよりどころにし、手放せないのだということをも雄弁に語っているのであります。






スポンサーサイト


comment









trackback